2010年06月09日

4Cとは

ダイヤモンドは、色石類とは異なり、評価方法が、世界基準で統一され、細かく等級分けがされています。

ダイヤモンドの評価方法は、基本的に4つのCで構成されています。4つのCとは、カラット(重さ)、カラー(色)、クラリティ(透明度)、カットです。
この評価に応じて、価格設定されるため、この4つのCがを見れば、ダイヤモンドを手にしなくても、価格の判断基準が可能です。


カラット
重量を表す単位で、0.2gの重さを示します。(大きさを表す単位ではない。)
カラット数が、高くなれば高くなるほど、希少となり、評価が上がります。カラット数が2倍、3倍になると、評価額は、4倍、9倍と2乗に比例してアップするといわれています。
ただ、これは、1個石の場合で、小粒のダイヤモンドを多量にちりばめて総カラットを大きくした場合には、当てはまりません。

カラー
ダイヤは、無色透明なものを最高のDカラーとし、アルファベット順に黄色に近いZカラーまで、分類されています。

クラリティ
ダイヤの透明度を表すのがクラリティです。ダイヤモンドにある傷の有無、そして傷の多さや位置などを総合的に判断して、ランク付けが行われています。
これは、天然の鉱物であるダイヤが、結晶化する際に、自然に亀裂や傷が内部にできます。
それとは、別にダイヤの原石を研磨する際に、摩擦熱によるキズ、スクラッチと呼ばれる表面にできるキズなど、人為的に生じたキズもあります。これらのキズや内包物の大きさと種類、性質、場所などを鑑定して、このクラリティを評価します。
キズや、内包物が多いと透明度は下がり、輝きを鈍くする要因となります。
10倍の拡大で無傷であるFLから、肉眼でキズが発見できるIグレードまで、細かなグレード分けがなされています。

カット
ダイヤの輝きを高めるために、光の屈折率を活かしたカッティング技術によるカットの面取りが正確か、平らに研磨されているかによって、評価が異なります。また、全体のプロポーションにおいて、短辺や直径に対する深さなども評価対象となります。また、左右対象にカットされているかのシンメトリー性も、評価の対象です。
TRIPLE EXCELENTからFAIRまで、5つの段階に分けて評価されます。

ちなみに、シンメトリー(左右対称性)において、ハート型や矢のような模様がでることを、ハートアンドキューピットや、ハートアンドアローと呼ばれています。


posted by TAKESHI at 14:42| Comment(0) | 用語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。